2014年 06月 07日
1DX&ロクヨン 落下→修理
最近ブログネタがないので備忘録でも・・・

実は4月に行ったツインリンクもてぎで事件は起こりました

その日はSUPER CAR RACE SERIESの撮影に行きましたが
朝イチコースサイドに車を止めてバックドアを開けた瞬間
ソフトケースごと1DXとロクヨンがゴロッ!ドサッ!と落下したのです

その時は時間もなく、慌ててたので深く考えずに撮影を始めちゃってました
撮影した時のブログはこちら

で、途中なんとなくレンズの脱着に引っ掛かりがあるなぁ、とは感じてましたが
疲れてたので帰宅後数日放置・・・(笑)

そして数日後GWのGT富士があるからとおもむろに機材一式を引っ張り出して
準備がてらクリーニングでもしようかといじりだすと・・・

やっぱり違和感・・・

そこで分離した1DXとロクヨンをながめてみると・・・


マウント割れてますがな!Σ(゚д゚lll)
f0220646_12154449.jpg



レンズのマウントもひしゃげてますがな!!Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)
f0220646_121885.jpg



高額修理で身悶える自分の姿を想像しながら慌てて銀座サービスセンターに・・・
キツイけど自宅から会社に持って行き(通勤片道2時間 Σ(゚д゚lll) )
昼休み潰して持ち込んでとにかく急ぎました


運悪くGWを挟んでしまったので2週間ちょっとかかってしまいましたが
完了連絡をもらい受け取りに行くと・・・


まずロクヨンの修理内容
f0220646_12245117.jpg

やはり人が手を動かす以上、技術料が高いなぁと思いましたが
27,480円はほぼ想像通りかな?という感じ


そして一番恐れていた1DXの修理内容
f0220646_1227193.jpg

やはり事前説明があったほぼ最高パターンの前板ユニット交換 Σ(゚д゚lll)

前板ユニットってこんな場所の部品で
f0220646_123059100.jpg

これにミラーボックスの駆動系や電子部品がついたもので
要はマウントからミラーボックスをASSY交換する、といったイメージ

という事で割れたマウントリングだけでは済まず、まあまあ重症だったという訳です

聞いた話では前板ユニットは酷使されてOHする際にシャッターユニットとともに
交換対象になる事が多いパーツの様です

シャッター耐久数が高い1D系はシャッターユニットだけ交換しても
ミラー周辺の駆動系も酷使されてる訳ですから仕方のないところでしょう

結局シャッター数もまだ5万オーバー位だったのに軽くOHしてしまった様なものでした
となると修理金額も66,306円となかなかの高額で
ロクヨンと合わせるとしめて93,786円 チーン・・・


しかし、幸運なことに両方とも昨年冬に新品購入した際になんと3年間の修理保険がついていた!
2年目は購入金額の40%を上限に修理金額を負担してくれる様なので
少しの免責が発生しますが金額的には充分カバーされるはず

あとは今後の活動資金が無くなっちゃう前にお店に保険の手続きしに行かなくちゃ

余分なもの買わない様に気を付けないといけないな・・・

  
[PR]

by group_c | 2014-06-07 12:54 | 機材 | Comments(2)
Commented by アンドウ at 2014-06-09 00:55 x
大変でしたね。
それでも不幸中の幸いは、これだけの重症にもかかわらず当日の撮影が無事にこなせれたことですね!
group_cさんにとっては自分の為だけでない大事な撮影だったと思いますから。
でもこの記事の内容は他人事ではないなぁ、数年後にはOHでコレ+αの金額が私の身にも・・・恐ろしや

今週末はこちらに遠征もあるでしょうから、くれぐれも無駄遣いには気を付けてくださいね!
余計なものも心の変換ボタンを一押しすれば、すぐに必要なものに変わっちゃいますから・・・(笑)



Commented by group_c at 2014-06-09 23:08
アンドウさん、それはもう大変です!修理代が(笑)
おそらく機械としての精度は落ちていたと思うんですが
壊れたのに気付かないまま動いていたので本当に助かりました。
当日気付いていたら撮り続けられなかったかも?
でもアンドウさんの場合、OHに達する前に買い替えてたりして・・・(笑)

そういえば今週末は岡山に行きます!
アンドウさんには会えるのかな・・・


<< 2014 SUPER GT R...      2014 SUPER GT R... >>