カテゴリ:釣り( 4 )

2015年 12月 14日
茨城全域解禁 鹿島のヒラメ 2015年12月6日
さて写真ネタも不足気味、モータースポーツもシーズン終了という事で
しばらく(5年位?)お休みしていた釣りに行きたくなって来た

という事でたまには釣行記などを書いてみたいと思う

狙う魚は・・・
以前から行ってみたかった鹿島灘のヒラメ

茨城エリアは11月に部分解禁し、12月に全エリア解禁となる為
解禁初期は攻められていないポイントに入って釣れる可能性が高い訳で
ヒラメ釣りの経験が過去一度だけという自分はここで行かなくてはなりません

なにせその一回目は船中20人以上が乗り丸坊主が15人以上出た中で
なんとか一枚ゲットしてヒヤヒヤした経験から
ヒラメは「一か八かのギャンブル」というイメージがあるのです・・・

そこで行ける日が6日の日曜日と分かった数日前の時点で船宿に予約を入れ無事完了
そうしないと解禁直後は満船お断りになってしまうほどの大賑わいなのです

行くとなったら気になるのがネットの情報
12/1の解禁日からチェックすると、なんと各船宿トップ10枚越えが続出する釣れっぷり!
しかし自分が行く6日までこの好調が続くのか?と不安になるところだったが
前日の5日まで同じ様な釣れっぷりが続いてるので期待が高まるばかり
でもちょうど行った日に谷間にぶつかる、そんな日に当たるんじゃないか?
まだまだ不安は続きます・・・

全域解禁最初の日曜日という事で大混雑が予想されたので前日の23時半頃自宅を出発
鹿島港までは60キロちょっとの道のりで1時頃には到着
そんな時間でも港の駐車場にはすでに車が沢山だったので急いで席を確保しに行く
f0220646_22561544.jpg


今日の船宿は幸栄丸
ここは朝の受付前に先着順にマグネットを取って席を確保するシステム
f0220646_22492176.jpg

なんと貸切を除いてヒラメで4艘出しという盛況で
しかもこの時間で有利とされる四隅は全船既に確保されていました
そんなんでなるべくトモ(船の後ろ)に近い席を確保して4時の受付まで車で仮眠・・・

わりとしっかり眠れて時間通り起床
眠りについた時とはエライ違いの賑わいでビックリ!
港に止めきれない車が外の道路にまで駐車していました

そしてエサの生きマイワシが船に積み込まれるのですが、千葉の大原から運んで来てるんですね
f0220646_23344074.jpg


実は釣行前にヒラメ用ロッドを持って無かったのである程度目星をつけて
昔行きつけだったお店に行き相談したのでした

ヒラメ専用ロッドは沢山発売されていますが
専用をうたっていなくても凄く良さそうと思っていたのがシマノ KAIMEI SPECIAL
しばらく鹿島に来ていない間に指定の錘号数が60号から80号に変わったので
30-270と50-270で悩んでたら80号錘を竿先にぶら下げて試させてもらいつつ
「これなら大丈夫!100号でもイケるから」「悩んだら柔らかい方でOK!」
というアドバイスを信じて錘負荷20-80号の30-270を買って来ました
こういう事はネット通販では出来ないからまだまだ町の釣具屋さんは必要かな?
と思いつつ吉と出るかはこれからということで・・・

今日のタックル
ロッド:シマノ KAIMEI SPECIAL 30-270
リール:シマノ カルカッタコンクエスト800F
f0220646_2374534.jpg

f0220646_2375675.jpg


そして仕掛けはタックルベリーで見つけた特価のこれ
f0220646_23235033.jpg

がまかつの針は最高で普段値引もほとんどないのでまとめ買い
ヒラメは歯が鋭くハリスが傷むので仕掛けの予備は何個あってもいいのです

そして準備をしながらお隣さんにご挨拶
混雑する中仕掛けがオマツリしたりした時にも朝の挨拶があるだけで気分が違うというもの
また船釣りだと自分より年上の方が多いので、挨拶しておいて損は無いだろうなと思っています

その後5時半頃に鹿島港を出船
ポイントまで30分ちょっと走り、まだ暗い6時過ぎに「やっていいよぉぅ!」と
茨城弁な船長の合図で仕掛けをおろす

でもって開始早々近くにいた貸し竿の初心者風の人がグイグイ竿を曲げている
なにがなんだか状態の背後から船長が「竿もっと上げっぺよ!」「リールもっと巻くんだお!」とマイクで叫ぶ(笑)
なんて事を見ているうちに開始数分でヒラメが現れてビックリ!

その直後に自分にも「ガツガツ!グイイイーン!」とひったくる様なアタリ到来でビックリアワセ(汗)
もちろんタイミングが早過ぎてスカッと空振り!
よく「ヒラメ40」という位じっくり待たなきゃ行けないのにこの大失態でガックリ・・・

でもそんな事の少し後にまたグッグッとアタリが・・・
今度はジックリ待ってグイグイと海面に竿先を引き込む様なアタリでアワセると・・・かかった!
大きくはないけど40cm位のヒラメをゲットしボーズを逃れた
朝イチで最初の一枚が出ると気分が本当に楽になるなぁ・・・

その約20分後にも同じ位のヒラメをゲットし
8時前には「オカズはまかせろ!」と自宅に勝利宣言のメール
「あとは楽しんで」という返信で本当に気楽になり、朝の景色を楽しむ余裕さえ出て来た
f0220646_23472855.jpg


その後も似た様なサイズを追釣して9時前までに計4枚、11時頃までに計6枚と好調
11時半頃に「これで最後の流しになるよぉ」と船長がマイクで叫ぶ
それではとイワシを付け直し最後の投入!

するとしばらくしてイワシが暴れる様な感触があった後、「ククッ!」と竿先が入る
風も出て来て船の揺れが大きい中、ヒラメが離さない様に苦労する状況でジックリ食い込ませ
「ゴゴーン!」と引き込んだところでしっかりアワセて上手く乗せられた

上がって来たのは55cm前後の今日イチのヒラメ
とはいっても大型ではないですが食べ頃サイズだし
一連のアタリを見極め掛けられたのは素直に嬉しい

この一枚を上げた直後に「はーい上がりまーす」と船長が12時前に終了を告げ、港に向かう
最終的に7枚のヒラメをゲットし大満足!
f0220646_23551039.jpg

帰港し船宿で鹿島恒例のカレーをお昼ご飯に頂いて帰路につく

本来ヒラメは捌いて一晩寝かした方が旨いのですが
子供達が待ちきれないというので急いで捌く
f0220646_2357136.jpg

薄造りにしてエンガワも取れ、頭と中骨周りを味噌汁にブチ込んでみました

すると子供達は自分用に取り分けた刺身を食べ真ん中の大皿まで二人で食い尽くしました
よっぽど旨かったんだろうな・・・

しかし残りを一晩寝かしたのを翌日刺身で食べたらまた別物の旨さ!
本当に最高の釣りが楽しめました

また行きたくなって来たな・・・


 Photo:iPhone6s
[PR]

by group_c | 2015-12-14 00:12 | 釣り | Comments(0)
2010年 10月 18日
東京湾のアジにリベンジ!
土曜日にカミさんと子供達が実家に行くと言うので(夫婦喧嘩じゃないですよ)
ひとりにしてもらえる事にあいなりまして、なにしようかと考える。
ネットで情報収集すると東京湾でアジが釣れ盛っているという。
前回アジが絶不調で午後のサバ船で残業(釣らないと帰れない為)したので
今度こそ!と以前と同じ忠彦丸さんに乗りました。

出船が7時半なのに金沢八景に5時前に着いてしまったので
ほぼ一番乗りでいい場所が取れました。
その後どんどんお客さんが増えて25人位になったでしょうか?

朝ごはん食べたり雑誌読んだりしてるうちに出船時間が来て河岸払い。
f0220646_23415559.jpg


八景島シーパラダイスを横目に沖に向けて走ります。
f0220646_23423265.jpg


ポイントまで10分か15分走って着くほどの至近距離で釣り開始!
なんと1投目からアタリが出てその後はジャンジャンバリバリ空振りナシの状態。
開始1時間ほどで30匹をオーバーしてしまいました。

しかし、その後パッタリ食いが止まり、ポツポツ拾い釣りで追加するのが精一杯。
移動時間を除くと正味3時間程度の釣りで11:00終了、11:30頃港に帰ります。

数えてみると47匹となりリベンジ成功!
f0220646_23473795.jpg


これだけ釣れたので急遽カミさんの実家へ連絡、魚を持っていくことにしました。

午前便でやめてすぐ茨城まで直行したおかげで14時頃には到着し、
1時間ほど横になってからさばきを開始!
f0220646_23505418.jpg

東京湾のアジって絶品なんですよ! この身の白さは脂が良くのっているからなんです。


刺身用にさばいた途中ですが、これで10匹分位でしょうか?
f0220646_23532488.jpg


自宅用、実家用、カミさんの妹ファミリー用にと塩焼き用アジを15本ほど選り分けて
その他は全て刺身となりました。

2時間以上をかけてさばいたアジでしたが、カミさんの妹ファミリーも合流し
みんなで刺身をよってたかって平らげたおかげで30分以内で跡形もなくなりました。

そして日曜日の夕飯のおかずで塩焼きにしましたが、これまた最高に旨かったです。

さばくのは大変でしたが、これ位やらないと行かせてもらえませんからねぇ・・・
ウチの場合、「釣り」ではなく「漁」と言っても過言ではありませんので責任重大です。
でも資金援助は一切なく、ガソリン代から高速代その他もろもろ全て自腹なので
お小遣いが大変厳しい状態です。

帰宅後ネットで忠彦丸さんの釣果情報を見たら、竿頭(一番釣った人)になっていたらしいです。
f0220646_041810.jpg

 
 
[PR]

by group_c | 2010-10-18 00:06 | 釣り | Comments(0)
2010年 07月 14日
日曜日に再び釣り
このごろ仕事が忙しかったりでほっといたらもう水曜日・・・
いまさらですが日曜日の釣りなんぞを書き残しておきたいと思います。

※デジカメ家に忘れたので全て携帯で撮影です。画質が良くないですがご容赦下さい。

今回は茨城県の日立久慈港から「ムラソイ」という魚を狙いました。
岩がゴツゴツした底に潜む魚で、引きが強く食べても美味しいヤツなんです。

今回お世話になったのは第八日正丸(にっしょうまる)です。
f0220646_22261757.jpg


5時半に港を出ます。沖釣りでは出港の事をよく「河岸払い」(かしばらい)といいます。
f0220646_2228587.jpg


一匹目の獲物はムラソイ、ではなくクロメバルでしたが
二匹目にキター!と思ったらなんか引きが違う・・・
そいつの正体はショウサイフグでした。
f0220646_2230389.jpg


正面から見るとニヤニヤ・・・
f0220646_2231811.jpg

このショウサイフグもとても美味しいのですが、素人がさばいては絶対ダメ!!!
この船宿さんは県で講習を受けていてキチンとさばいてくれるので安心です。


そして3匹目にきたのがとんでもなくうれしい外道、なんとヒラメです!
f0220646_22334082.jpg

ヒラメを狙ってもボウズになる事が結構あるのにこんな時に釣れるなんて・・・


その後4匹目にやっと本命のムラソイ、5匹目にもムラソイでしたが
あまりにも小さいので海にお帰り頂きました。
というのも、ムラソイは30cm位になるのに10年以上かかるのだとか。
貴重な資源を乱獲しないようにしないといけません。

でもこの日は低調でここまでで終了してしまいました・・・

今日の成果は、上からヒラメ・ムラソイ・クロメバルと写ってませんがショウサイフグ各一匹ずつ。
f0220646_22385473.jpg

ヒラメは50cm弱位、クロメバルは27cm位ありましたからオカズには充分!


早速帰ってヒラメは5枚おろし、他は3枚におろします。
f0220646_22412210.jpg


そしてそれぞれ薄作りにして刺身4点盛りの出来上がり!
f0220646_22421783.jpg

この4点盛がお皿2枚分と、ヒラメ2人前位が別皿に出来ました。
さばくのが上手くないので見た目はあまりよろしくないですが
新鮮なお魚が食べれればそれでいいのです!

これでそろそろ釣りはお休みしてモタスポ撮影に集中するとしますか・・・
[PR]

by group_c | 2010-07-14 22:47 | 釣り | Comments(4)
2010年 06月 27日
東京湾の沖釣り
昨日の土曜日に手軽に行ける東京湾の沖釣りに行ってきました。

去年は何度も沖に出ていたのですが、モタスポ撮影でお金がかかり仕方なく封印してたのです。
でもやっぱりガマンできませんでした(笑) どうせレーススケジュールスカスカだし・・・

この日お世話になった船宿は横浜の金沢八景にある忠彦丸さん。
f0220646_11565745.jpg

ここはたくさん船を持っていて、関東有数の大きい船宿です。
船が出るのは7時半ごろが多く、電車で行くと金沢八景駅まで送迎があるので
家族連れも多く人気で週末は結構混んでます。

そして今日の釣りものはLT(ライトタックル)アジ
f0220646_1202634.jpg

細い竿、小さいリール、細い糸でアジの引きを楽しむ釣りです。

今日の船は第十七忠彦丸、安田船長が担当です。
f0220646_1220229.jpg

安田船長のアジ狙いは気に入っていて何度も乗っています。


画像だとピンとこないかもしれませんが、かなり軽い道具なんです。
f0220646_1215247.jpg

竿とリール合わせてもゴルフクラブよりちょっと軽い位でしょうか?
おかげで女性でも子供でも楽に扱えて実際に多くの女性や子供が来ています。
エサは下にちょっと写ってるアカタン(イカを小さく切って食紅で染めたもの)なので
虫系が苦手な人でもOKです。

仕掛けはビシというカゴにオモリがついたものを使います。
ビシのサイズは40号という船釣りではかなり軽いものです。
f0220646_1291370.jpg

これにイワシのミンチを詰めてコマセ(撒き餌)を海中で撒きます。
そしてビシがついた天秤の先に3本針の仕掛けをつけたら準備完了です。
f0220646_12112644.jpg

この仕掛けは東京の釣具屋で安売りしていた時にまとめ買いしておいたものです。
からんだのを解いているとロスしてしまうので、スペアで仕掛けを多めに用意し
すぐ取り替えるようにしています。
午前便で時間が短いので効率よく釣らないともったいないのです。

今回の料金は午前便で6,000円ですが、WEB割引で5,000円になりました。
HPの割引ページをプリントしていくと割引してくれます。
ここの船宿はビシつき天秤は無料で貸出、レンタルの竿は500円で貸出してくれますし
上にあるような仕掛けも200円位(普通のお店と同じ位)で買えます。
着る物以外は手ぶらでもOKなのでとっても気軽で初心者も楽々ですよ。

さて定刻の7時半に八景島シーパラダイスのジェットコースターを見ながら出船です。
f0220646_1215194.jpg

30分ほど走ったでしょうか?船長の合図で釣り開始。
あれ?あれれ?反応全くなし・・・
船長も移動を繰り返しますが・・・ ほとんどダメ。
終了時間の11時ごろにやっとアタリが出始めたものの、ときすでに遅し・・・
なんとアジ4匹のみという大貧果。ガーーーン!

そこで予定外の午後便に申し込み、ダブルヘッダー決定! オカズ無しでは帰れません!
午後はオカズ確実?なサバ狙いの船に乗船。
午前・午後通しで乗ると午後が3,500円になる特典がありますしね!
結果は・・・
f0220646_12234797.jpg

16匹といったところでしょうか?サバにしてはちょっと少なめですが、
40cm以上あるものが多くてオカズには充分すぎる程の量です。

ここの船宿は帰り前に500円払うと釣ったサバを何匹あっても全部三枚おろしにしてくれます。
うちに帰ってからゴミも出ませんし台所を汚さないので便利です。

そして帰宅してから三枚におろされたサバの皮を剥ぎ、血合い骨を取り除きました。
f0220646_1228189.jpg

これでも今日の釣果の半分位です。
しかも、こんなに白っぽくなった身のサバって見たことありますか?
今の時期東京湾のサバ(ゴマサバ)はとっても脂がのっていて超絶品!
さばく包丁が脂でべっとりするほどなのです。

ちょっとウチでは食べきれないので周りにおすそ分けしながら
後日フライや竜田揚げとして食卓に並ぶことでしょう。

アジは不本意な結果でしたが、しばらくぶりに海に出て気持ちよかったです。
[PR]

by group_c | 2010-06-27 12:05 | 釣り | Comments(4)