<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 25日
スピードライトをワイヤレスに・・・
スピードライトは純正の600EX-RTを一台持っていてバウンスなどはよく使う訳ですが
カメラから離して使いたいなぁなどと思う事もありまして・・・


手っ取り早く離すとなるとオフカメラシューコードOC-E3が思い付きますが
f0220646_2224643.jpg

当然コードの長さ以上には離せない訳で・・・


それならこれでどうだ、というのがスピードライトトランスミッターST-E3-RTですが
f0220646_22263263.jpg

電波式に対応した600EX-RTにはもってこいで機能的にも申し分ない訳ですが・・・
実売2万円半ばということでちと高め
それに600EX-RT以外のスピードライトだと赤外線式になるので
多灯の場合、全部600EX-RTにしなくちゃいけなくなる・・・(汗)


そこで色々ググってみると少しあやしげなブツを発見、試しにポチっとしてみました

YONGNUO(なんて読むんだ?)のYN-622C
f0220646_22283994.jpg


Amazonで2台セットで7,900円(汗)
f0220646_22353951.jpg

しかし中華っぽい雰囲気がプンプン・・・
予想はしてましたが説明書は英語と中国語のみ(滝汗)
でもなんとか足りない頭で英語を読んで初期設定まではたどりつきました

これはCanonのE-TTLに対応するは1/8000までのハイスピードシンクロもイケるは
同じYN-622Cを追加すると多灯撮影にも対応するはと機能満載!

ボディに着けると送信機、スピードライトに着けると受信機として認識されるというスグレモノです

装着イメージはこんな感じです
f0220646_22362760.jpg


一度初期設定で送受信のチャンネルを合わせてしまうとあとはカメラボディのメニューで
各種モードや調光補正や多灯の設定が出来てしまいます
f0220646_224013.jpg


さらに、送信機としてボディに着けた方のホットシューにも着けるとE-TTL連動するので
例えば小さ目のスピードライトでキャッチライト用にするとかも考えられる訳です

用途的には部屋の片隅で天井向けに置いといてバウンスの室内撮影でも
縦位置横位置気にせず撮れるかなぁ、とか
軽いブツ撮りとかで簡単にトップライトが作れそうだなぁ、とか
サーキットのピット周りの撮影で影になっちゃう所に横から光を当てられそう、とか・・・

色々妄想が膨らみます

ま、なんといっても電波式で安いのが魅力です

今年はこれで色々試してみたいと思います

   
[PR]

by group_c | 2014-01-25 22:50 | 機材 | Comments(0)
2014年 01月 23日
CAPA 流し撮りGP 2013 ドライバー特別賞
先月までに2013年のシリーズ戦は終了した訳ですが、そうするとドライバー特別賞の季節がやってくるんですね

そしたらなんと! 今月号で「荒 聖治 賞」を頂きました
f0220646_23584345.jpg


ドライバー特別賞は人生初になりますが
やはりドライバーご本人に選んでもらえるなんてカメラマン冥利に尽きるというものです

でもって、これいつのだったかな?と思い返してみたら
第5戦の2戦連続優勝の時に一緒に出して選外になった一枚でした

これで開幕戦以来、9ヶ月連続写真を掲載して頂けた事になるのですが
盆と正月が一緒に来たようなものってこういう事なんですかね・・・

それにしても荒選手、「キャリパーのENDLESSロゴまで読み取れる」とか言うのがマニアックです(笑)

   
[PR]

by group_c | 2014-01-23 00:08 | コンテスト | Comments(2)
2014年 01月 21日
JRPA写真展 からの 新年会
JRPA写真展での楽しくも有意義な時間を過ごした後は
仲間達との新年会

サーキットでは思い思いの撮影に忙しくなかなかゆっくり話も出来ないので
写真展を機会に集まろう、という事に

しかしながら幹事と皆さんの粋な計らいにより、流し撮りGP祝勝会という企画も盛り込んで頂きました

その為、この週末に仕事を作りわざわざ京都から来て頂いたり(benkeiさん!)
当日までみんなに内緒でこの為に大阪から来て頂いてビックリしたり(ゼクさん!)
幹事を買って出てくれたMOGUさん、ご参加頂いた関東組のみなさん・・・
そんな楽しい仲間と乾杯出来た事がとにかく嬉しかった!
(いんぐらむさんのRICOH THETA画像をお借りしました。これ面白い!)
f0220646_22384455.jpg


そう、これだけでもう充分嬉しかったのに・・・



なんと「宴もたけなわではございますが」というタイミングでサプライズ!
ここにいる皆さんと東西のご一緒したことのある仲間の皆さん総勢18名(!)から
クリスタルの記念盾を戴きました!!
f0220646_224455100.jpg


誤解の無い様に書きますが、左側のプリントはCAPAから頂いたものではなく
いんぐらむさんがこの日の為に製作して下さったもので
これを持ってJRPA展での記念撮影をさせて頂いたという訳です


年末にかけて仲間の皆さんがWTCCやF1やキヤノンのフォトコンで続々入賞し
賞状や記念品をみんなもらってたのを羨ましがってた自分がいましたが
ついつい「自分には何もない、名誉だけだ」みたいな事をつぶやいてしまったんですね

それを気にかけて下さった仲間達が1ヶ月もないうちに秘密裏にあらゆる準備を進めて
こんなにも素敵な記念品を用意してくれるなんて夢にも思わなかった

記念の盾は勿論嬉しいけど、それ以上にたくさんの仲間の気持ちが嬉しかった!
ズッシリ重いクリスタルに皆さんの思いが詰まっている・・・  そう感じました


帰宅して盾を見せた時にカミさんがこんな事を言ったんです

「賞の凄さは正直分からない。でもいい歳して仲間が出来てこんなにもしてもらえたのが凄い事だね」

本当にその通り
社会に出てから仕事以外でつながりが出来るってなかなか無い事で
そこで写真を通じて楽しんで高め合っていけるのは本当にありがたい事なんです


この日の事は一生忘れない素敵な思い出になりました


そしてチャンピオンがまた仲間内から出る事を願っています
  
[PR]

by group_c | 2014-01-21 23:18 | イベント | Comments(4)
2014年 01月 19日
JRPA写真展 2014 COMPETITION
昨日1/18から開催の日本レース写真家協会(JRPA)写真展「COMPETITION」に行ってきました
f0220646_2314751.jpg

2013年のJRPA会員プロカメラマンによる渾身の作品が展示されていました


また、当日はF1フォトグラファーの金子 博プロと中嶋一貴選手、中嶋大祐選手による
トークショーも開催され、大変な賑わい
f0220646_2343385.jpg



そしてこのトークショーが終わり、ひと段落ついたところで・・・

ご存知の方もいらっしゃると思いますが
JRPA会長である小林 稔プロはCAPA流し撮りGPの審査員でもありまして
そこで2013年チャンピオンを頂いた訳ですが・・・

なんと!仲間の皆さんが自分の知らないところで小林会長にお願いして(!)
お話しする機会を頂いた上に写真展会場で(!!)
記念写真を撮らせて頂くというサプライズが・・・
感謝してもし切れないほどで大変恐縮です
f0220646_2316771.jpg

※顔出しを回避した為、みにくい加工はご容赦下さいませ


このあとみんなでちょっと立ち話位に思っていたのですが・・・

「ちょっと座りませんか?」と小林会長からおっしゃって頂き
テーブルを囲んで座談会へと突入するスーパーサプライズ!

さらに、JRPA内でプリント技術でTOPだと小林会長がおっしゃる
田中 秀宣プロもお呼び頂いて画像処理講座に発展してしまいました!
f0220646_2325622.jpg

田中プロはこの会場のプリントを全てご担当されたそうです


質疑応答も含め、1時間以上に及ぶそれはそれは貴重なひとときになりました


で、このまま終わってしまってはもったいない?ので
記憶の限り許す範囲で内容を書いておきますね
※完全に覚えていないので「ニュアンス」という事でご容赦を・・・


小林会長より
・流し撮りGPの応募作品はプリントで損をしている枚数が結構多い
・構図も良く意図もしっかり伝わってくるのに選外になってしまう
・撮影からプリント技術までトータルして選んでいる

という流れから田中プロをわざわざお呼び頂き

田中プロより
・みなさんシャープネスがキツイのではないか?
・プリントの為にシャープをしっかりかけたら「しきい値」に注意
 (「しきい値0」だと全体にシャープがかかりキツくなる。ゆるめから調整しいい所を自分で見つけよう)
・モニタのマッチングを取って「用紙のプロファイル」を当てれば大体ちゃんとしたものが出てくる
・CanonのDPPとプリンタなら印刷時に用紙のプロファイルがキチンと当たる
・田中プロも小林会長も実はJPEGメイン(!)

小林会長へのQ&A
Q:流し撮りGPは毎月何枚位審査するのですか?
A:大体300~500枚位かな?だから予選通過するのも大変な事

Q:審査時は名前を見るのですか?
A:応募作品は1枚1枚全部自分で見ています
  最初に予選通過を選ぶがそこで裏側は全く見ない
  名前を見ると先入観が出てしまうから
  しかし残った作品を裏返すと「ああ、この人ね」と思う事が多い
  つまり、残る作品にはその人のカラーがある、という事

小林会長のトークより
・プロは実は皆さんのブログを見ている(!)
 何処で撮っているんだ?と思う事もたくさんある
・今回の写真展はこうして来場した皆さんと語り合える事がコンセプト
 だからドリンクをオーダー出来る様にして椅子とテーブルも置いた
・いつも契約上の写真を撮ることが多いプロだって撮りたい「作品」がある
 毎年写真展をやるのはその発表の場を設ける為

ここには書ききれませんが、小林会長の言葉の端々に我々の想像以上に
アマチュアカメラマンとの接点がない、欲しい、と思って頂いている様子でした

六本木で1/28(火)まで開催されていますのでご興味のある方は見に行ってみて下さい
詳細はこちらで↓
http://www.jrpa.org/news/2013/1202.html

そしてこのあと仲間との新年会に向かう訳ですが

ちょっと長くなりましたので次回に続きます・・・

    
[PR]

by group_c | 2014-01-19 23:58 | イベント | Comments(2)
2014年 01月 04日
2014 NRT 1
新年の撮り初めとして夕方のNRTへ行ってきました

ちょこっと新レンズ(EF24-70mmF2.8LII USM)を試してみたかったのもありました
f0220646_2332203.jpg



あとは久々の撮影をボチボチ楽しむ・・・


やっぱりジャンボはいいなぁ、とか
f0220646_23333088.jpg


と思ったらこんなのがのんびり飛んできたり
f0220646_233453.jpg


ヨンニッパに2XテレコンでISO12800は厳しいね、とか
f0220646_2335733.jpg


途中、空の色と雲の表情がいいなぁと思ったり
f0220646_2337565.jpg


ウチのファミリーカーでもちとばかりカッコよく見えたりして(笑)
f0220646_2338661.jpg


少しばかりの時間でしたがそれなりに楽しめました

しかし、去年撮れてたポイントが一つ潰れてしまったのが少し残念・・・

   
[PR]

by group_c | 2014-01-04 23:39 | 飛行機 | Comments(0)
2014年 01月 03日
クルマの冬支度
あけましておめでとうございます

お正月用の写真が用意出来ないままここまで来てしまいました・・・

なにはともあれ、今年もよろしくお願い致します


さて、そろそろ子供をスキーに連れて行け指令が出たので
正月休みを使ってクルマに冬支度をすることに

まずは新車時から6年半もの間一度も(!)交換していなかったバッテリー
運よくアタリだったのかもしれません

冬山で突然死されても困るので新しくしておきます
選んだのは性能に定評のあるPanasonicのCAOS
f0220646_23431620.jpg

自分用のサイズはカー用品店で買うと3万以上するのですが、ネット通販だと引取込みで半額以下(汗)
安いと調子に乗って?カミさんの軽のバッテリーも弱っていたので同時に発注・・・

さらに調子に乗って差額が千円もなかったので自分の方にLifeWINK同梱版を選択
f0220646_23481166.jpg

これはバッテリーの状態を診断してくれるものですが
新品を下ろす時に同時装着しないとダメだそうです

で、結局2個で2万1千円ちょっとで済みましたが自分で2台交換したらちょっと腰痛い(笑)
エンジンルームにかがむ様な格好で重たいバッテリーの交換は要注意ですね


そしてタイヤをスタッドレスに交換する訳ですが、お店に持ってけば楽なのに
年末年始はどこもピットが混んでるので自力交換を決意

車載ジャッキでクソ重いミニバンを上げたくなかったので
油圧パンタジャッキを買おうと思ったら定番のカヤバ油圧ジャッキは既に廃盤 Σ(゚д゚lll)ガーン

そこで選んだのがマサダ製作所の油圧パンタジャッキ
近所の工具屋に在庫がないのでAmazonに発注 またしてもネット通販・・・
f0220646_23582376.jpg

ジャッキでは定評のあるメーカーで、コンパクトながら結構楽々上がります


そして写真撮り忘れましたが、トルクレンチは近所のショップで安いのを購入しコキコキとナット締め

あとはガソリン入れる時にでもスタンドでエア補充してOKです

これでスキーにも行けますが、多分1回か2回でしょうから
ウインタースポーツの撮影とかにも行ってみたいですね・・・

   
[PR]

by group_c | 2014-01-03 23:59 | 雑記 | Comments(0)