2011年 06月 27日
SILKYPIXのシェーディング機能
みなさんスターティンググリッドでドライバーやマシンを強調する為に
周辺部が暗く落ちて中央がドーンと浮かび上がった様な写真を見たことがあるかと思います。

お金がなくて(笑)なかなかグリッドに行く事がないのですが
ああいう写真を撮ってみたいなぁ、なんて思うこともあるんですよね~

色々情報をまとめるとストロボでパリッと光を当ててPhotoshopでレイヤーを作ってうんぬん・・・
なんて事をやってるらしいですが、Photoshopも高いですしもう少し手軽な方法がないかと思ってたら
SILKYPIXの一機能を使えば完璧ではないですが強調する位は出来そうです。

まずは加工前の一枚。
f0220646_22524388.jpg


続いて加工後。
f0220646_2253837.jpg


どピーカンの青空バックでストロボ当ててればもっと分かりやすい写真になったと思いますが、あいにくこれしかなくて・・・

ソフト買ったままいままで使ってなくて「なにやってたの?」という感じですが
これはレンズ収差補正機能の「シェーディング」を使っています。

本来シェーディングは周辺光量落ちを補正する機能なのですが、逆に落とす方向に補正をかける事もできます。

こんな方向で補正をかけていくと周辺が落ちていきますが、やりすぎるとケラレのようになります。
f0220646_2302375.jpg


この辺の機能はSILKYPIX BLOGで紹介されていますので詳しく知りたい方は読んでみて下さい。

雑誌で見るような完璧な写真にはならないかもしれませんがSILKYPIXユーザーの方は一度お試しを。

  
[PR]

by group_c | 2011-06-27 23:06 | PC関係 | Comments(4)
Commented by sky at 2011-06-28 23:16 x
ストロボの日中シンクロは苦手で、いっつも失敗するので
時間の無いときはあまり使わないんです。
こういう効果をうまく使うと劇的に写真が変わりますよね^^
Commented by group_c at 2011-06-29 06:22
skyさんおはようございます。
日中シンクロは背景とのバランスが難しかったりしますが
上手く使えばメイン被写体の露出が安定するので
マスターしたいなぁ、なんて思っています。
今回の効果はとりあえずという事でしたが、スパイス位にはなりそうです。
Commented by MOGU at 2011-07-02 17:57 x
ご無沙汰してました。

流石色々研究されますね。
SILKYは最近殆ど起動してないのですが、CaptureNX2にも周辺減
光をコントロールできる機能があるの今度試してみます。

空をバックに日中シンクロは難しいですね。
どうやって露出決めてます?
Commented by group_c at 2011-07-02 23:11
MOGUさんこんばんは。
研究というか、Photoshopがないので苦肉の策とでもいいましょうか・・・
周辺減光補正を逆手に取るというのも意外な盲点でした。
もっとソフトを使いこなさないといけませんね。

日中シンクロは背景の露出を計って固定し、
あとはハイスピードシンクロモードでマシンに委ねます。
微妙なストロボ光の調整は調光補正でなんとかなると思います。
なんて事言っても結構ハズしますが(笑)


<< 2011 MFJ全日本ロードレ...      CAPA 流し撮りGP 201... >>